今宵も、あなたと一緒に、あの文学の道を歩きたい・・・。「夢二を彩る女性たち1 彦乃編」
大瀧賢一郎のメンズ文学。今回、私が 心うたれた作品は・・・。 「夢二を彩る女性たち1 彦乃編」